RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
家電リサイクル法 山梨
さて、東芝の家電製品の引き取りであるが、どのような品物があるだろうか?
テレビにかんしてはブラウン管テレビ、液晶テレビ、そしてプラズマテレビが全て家電リサイクル法の対象となる。
VTR内蔵テレビも引取りの対象となる。
プロジェクションテレビ、もしくはパソコンモニターは対象外であるので引き取りは出きない。

テレビだけは大きさで区分されていて、16型以上は2835円である。
テレビ15型以下は1785円である。
家電リサイクル法に拠ってこれらの廃棄料金は消費者が負担する事に為っている。
量販店や小売店に頼んで引き取りしてもらうケースの場合はその店舗からメーカーまで運ぶ運搬料金が別途かかる。
店舗に拠ってちがうので確認すべきだろう。

こういった具合にシャープでは、製造時点で、とっくにリサイクルの事を考え、製品を作成しているのである。
また、液晶テレビの解体処理、もしくは部品の再製品化の効率を高める調査もしているから、地球環境保全に貢献していると云えるだろう。
環境に配慮した製品が次々と誕生するといいのである。

まだまだ使用に出きる機械なのにソフトウェアや、その周辺機器の都合により、そのパソコンが使用できなくなる事が少なくないのであるよ。
パソコン自体は何の問題もなく作動するのに、使いたいソフトが対応していなかったり、パソコンを交換しなければならないと云う、もったいない状況である。
資源を肝心にして地球の未来を守るための法律が資源リサイクル法、そして家電リサイクル法だと私はおもっている。



author:e13b5u4e8cr62, category:日記, 06:43
comments(0), trackbacks(0), - -


  • Copyright (C) 2009 ボニファーツの日記 by JUGEM Some Rights Reserved.